Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

ミドルウエア「FUJITSU Software Interstage Application Server」

FUJITSU Software Interstage Application Server
  • ミドルウェア

変化するビジネス環境にICTシステムをすばやく適応させる高信頼・高性能のアプリケーションサーバ

Interstage Application Server(インターステージ アプリケーションサーバ)は、オープン技術をベースにスマートソフトウェアテクノロジー(注1)などの富士通独自の実用化技術の対応により、MCFrameシステムの短期構築・安定稼動や業務継続を実現します。

注1)スマートソフトウェアテクノロジーとは、ハードウェアやソフトウェアの状況を自ら判断し、より簡単・安心にお使いいただくための最適化を図る当社独自の技術です。

製品の特徴/メリット

MCFrameシステムにオープン技術・業界標準技術と富士通独自の実用化技術を取り込んだ高信頼・高性能な実行環境を提供

Apache、GlassFishなどのOSSをベースにJava EE /Java SEなどの業界標準技術と多重制御やフルGC(注2)抑止機能(スマートチューニング)であるスマートソフトウェアテクノロジー、予兆監視などの富士通独自技術を融合した高信頼、高性能な実行環境を提供します。業務負荷がかかっても異常が発生しにくく、ICTシステムの安定稼働を実現します。

注2)Garbage Collection:Javaアプリケーションで未使用となったヒープメモリを回収するJava VMの機能

MCFrameシステムにオープン技術・業界標準技術と富士通独自の実用化技術を取り込んだ高信頼・高性能な実行環境を提供

   

MCFrameシステムにオープン技術・業界標準技術と富士通独自の実用化技術を取り込んだ高信頼・高性能な実行環境を提供

Java実行環境の複数世代サポートによる旧バージョンとのアプリケーションの互換性を維持

Java SE 6、Java SE 7を使用したそれぞれの業務アプリケーションを同時に同じ実行環境で混在して運用できます。従来業務はJava SE 6で継続して運用し、新業務をJava SE 7で構築、運用するなどアプリケーションの互換性を維持。アプリケーション資産を継続して利用できます。

複数世代のJava環境を提供

富士通のサポートで安心なMCFrameシステムの運用を実現

 運用中にメモリ状況や実行状態を獲得でき再現検証を行わずにトラブル原因を早期に特定できる機能をはじめ、専門技術者および製品開発者との密な連携の富士通サポートでトラブルの原因究明、早期解決を実現します。高い10分以内のコールバック率、5日以内のトラブル解決率で安心して利用できます。

会社概要

所在地(本店) 〒211-8588 神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
所在地(本社事務所) 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

企業ウェブサイト

認定ソフトウェアの
お問い合わせ

富士通株式会社
0120-933-200
富士通コンタクトライン(お客様総合窓口)
受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)