Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

ミドルウエア「FUJITSU Software ServerView」

FUJITSU Software ServerView Resource Orchestrator
  • ミドルウェア

ICTリソースの有効活用と運用・管理の効率化を実現

企業における「ICTコストの削減」は、最優先の課題となっています。省スペース、低消費電力など「ICTのコスト削減」には、ブレードサーバや仮想化技術を利用したサーバ・業務の集約を行うことが有効です。しかし、これに伴って複雑化するシステム全体の運用コストの削減、効率化が非常に重要になってきます。
ServerView Resource Orchestratorは、サーバのライフサイクルを導入から運用、保守に渡って省力化する自動化・可視化ソフトウェアです。MCFrameシステムの高可用稼働を実現し、簡易かつ統合的に管理することができるとともに、リソースを最適化します。

製品の特徴/メリット

少ない予備サーバで故障からの自動復旧

予備サーバを用意し、サーバ故障時に自動的に切り替えることでMCFrameシステムのダウンタイムを短縮できます。複数のMCFrameサーバ・DBサーバに対して共通の予備サーバを設定できるため、1対1の現用・待機といった冗長化構成に比べて予備サーバの導入数を抑えることができます。たとえば、業務サーバが3台であれば予備サーバのコストを1/3に削減できます。さらに、運用ライフサイクルでの必要な各種操作を自動化することで、運用を省力化します。

少ない予備サーバで故障からの自動復旧

物理サーバ・仮想サーバの簡単運用

サーバの運用や管理操作を提供するコンソールに加え、簡易ビューアを提供します。サーバ状態がアイコンでわかり易く表示されるので、電源オン/オフやサーバ故障の有無が容易に確認できます。また、状態を表示するだけではなく、仮想サーバを含めたサーバの起動/停止、リブートができます。

ブレードビューア
ブレードビューア

仮想ネットワークの可視化

仮想サーバや仮想スイッチおよび物理スイッチまでの仮想ネットワークの状態をわかり易いマップに表示します。複雑なネットワーク構成でも、部分的に選択して見やすく表示できるため、スイッチが故障した場合などの状態を、その影響範囲も含めて容易に確認できます。

ネットワークビューアの表示画面
ネットワークビューアの表示画面

会社概要

所在地(本店) 〒211-8588 神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
所在地(本社事務所) 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

企業ウェブサイト

認定ソフトウェアの
お問い合わせ

富士通株式会社
0120-933-200
富士通コンタクトライン(お客様総合窓口)
受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)