Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

ミドルウエア「FUJITSU Software systemwalker」

FUJITSU Software Systemwalker
  • ミドルウェア

ビジネスの発展と企業コンプライアンスを支える運用管理ソフトウェア

24時間×365日のビジネス継続や、ビジネス環境の急速な変化への対応のため、安定したサービスの継続、変化への素早い対応を備えた企業情報システムが必要とされています。また、クラウドコンピューティングや仮想化技術が導入され、企業情報システムは、従来より複雑化しています。さらに適正なビジネス活動のために、企業情報システムをコンプライアンス経営や企業統治に対応させていく必要性が一層、高まってきています。
Systemwalkerは、クラウド環境を利用する企業や事業者のデータセンターからオフィスのパソコンやプリンタなどの管理まで様々なICT環境の運用をサポートし、ビジネスの発展と企業コンプライアンスを支える運用管理ソフトウェアです。ITILR(Information Technology Infrastructure Library)に基づき、企業情報システムの「安定稼働」、「サービスの最適化」および、「ICT運用の統制」を実現します。

製品の特徴/メリット

MCFrameシステムの導入/監視/トラブル復旧/評価を支援する統合管理
(FUJITSU Software Systemwalker Centric Manager)

システム運用のライフサイクル(導入/設定~監視~復旧~評価)に従い、ソフトウェア資源の配付、システムやネットワークの集中監視、リモートからのトラブル復旧などの優れた機能で運用管理作業を軽減します。また、このライフサイクル管理によりマルチプラットフォーム環境やインターネット環境など、最新のビジネス環境におけるシステムの統合管理、運用プロセスの標準化(ITILR)、運用セキュリティの統制を支援します。

MCFrameシステムの導入/監視/トラブル復旧/評価を支援する統合管理

ジョブスケジューリングによるMCFrameシステムの業務の自動運転
(FUJITSU Software Systemwalker Operation Manager)

運用管理コンセプト(PSM:Policy-based Systems Management)に基づいて、業務のサービス向上を実現し、業務の安定稼働とシステムの自動運転を実現します。サーバの電源投入/切断や、定型バッチ業務/オンライン業務の自動化、業務の実行状況の監視、実績管理まで効率的に行うことができます。

ジョブスケジューリングによるMCFrameシステムの業務の自動運転

MCFrameシステムのパフォーマンス分析/キャパシティ管理を支援
(FUJITSU Software Systemwalker Service Quality Coordinator)

業務サービス品質から仮想リソースの利用状況まで様々な角度で可視化・分析することで、ICTシステム全体の維持・最適化を支援します。

MCFrameシステムのパフォーマンス分析/キャパシティ管理を支援

会社概要

所在地(本店) 〒211-8588 神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
所在地(本社事務所) 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター

企業ウェブサイト

認定ソフトウェアの
お問い合わせ

富士通株式会社
0120-933-200
富士通コンタクトライン(お客様総合窓口)
受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)