Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

MES・POP「W-POP」

W-POP
  • MES・POP

製造関連実績入力&出力システム

W-POPは、PDAやハンディターミナルを用いて製造現場で発生する様々なデータの入力・収集を行い生産状況の把握やトレーサビリティを実現する事が可能なPOPシステム(Point of Production System)です。
生産実績や生産進捗等の表示機能や、予め用意されているレポート機能により、収集したデータを活用でき、製造ラインの見える化を実現できます。

製品の特徴/メリット

製造ラインのデータ管理の実現

製造ラインにW-POPを導入する事で、データの管理やそのデータの活用性が飛躍的に向上します。
ロット単位でデータを管理し、トレーサビリティを実現できます。
またW-POPはWebシステムのため、PCや携帯端末でブラウザからのデータの入力・表示が可能です。

製造ラインのデータ管理の実現

グラフィカルなレポート機能

仕掛/実績グラフや、日次生産トレンド等のグラフィカルなレポート機能を搭載しています。
また、標準のレポートだけではなく、お客様自身が新たなレポートを自由に設計・追加する事が可能です。

グラフィカルなレポート機能

製造ラインの変化にフレキシブルに対応

工程や設備、品種ごとの生産工程、入力データ項目等をマスターで設定する事が可能です。
システムを改造する事なく、品種や工程の追加・変更にフレキシブルに対応できるので、少ないコストで運用・保守を行えます。

MCFrameとの連携

W-POPには上位システムとのI/Fが用意されています。このI/Fを使用してMCFrameで管理する生産計画を受け取り、生産実績をMCFrameに連携する事で、効率的な運用ができる生産管理システムを実現できます。

W-POPの導入効果

1.トレーサビリティ

製品や部材のロットNo.からロット情報のトレースが可能です。また、製品の工程や装置の通過実績をスピーディに確認できます。
 

2.リードタイム短縮

製造ラインの状態をモニタリングする事でボトルネック工程を発見でき、更に収集されたデータからその要因を取り除く支援が可能となり、リードタイムの短縮に寄与します。
 

3.品質向上

工程飛びチェックなど工程の品質向上に寄与する機能を搭載しています。また、収集したデータを分析する事で、製造ライン上で発生する不良要因を低減し、品質向上に寄与します。
(※ データの分析には、「品質情報統合・解析ソリューション」YDC SONARが必要)
 

4.設備保全

各設備でのイベント情報やメンテナンス情報を収集する事が可能です。これらのデータによって、設備の状況や劣化傾向を管理して、設備保全に活用できます。

画面イメージ

画面イメージ

img_wpop_05.jpgS-LOGGERW-POPオプションソフトウェア PLCデータ収集

S-LOGGERは、W-POPのオプションソフトウェアで、あらゆるPLCのデータを収集するためのPLCデータ収集ソリューションです。製造現場のPLCからデータを自動収集し、W-POPのDBに格納する事が可能です。

100種類以上のPLCに対応

S-LOGGERは、100種類以上のPLCに対応した国産SCADAソフトを使用しているため、複数種類のPLCが混在している製造ラインであっても、柔軟に対応する事が可能です。また、OPCサーバーからのデータ収集も可能です。

100種類以上のPLCに対応

S-LOGGERの導入効果

1.W-POPとの連携

収集したデータはW-POPに連携され、トレーサビリティや設備保全のデータとして活用が可能です。
 

2.保守工数の削減

導入後にPLCやセンサーの追加があった場合は、設定を追加する事によってW-POPのDBが自動割付されます。これまで必要であったDBの拡張やシステムの改修が不要であり、システム保守工数の削減に貢献できます。
(※ ロギング方法がFILE方式の場合のみ)

会社概要

所在地(本社) 183-8540 東京都府中市府中町1-9 京王府中1丁目ビル
所在地(関西支社) 530-0003 大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル6F
事業内容
  • 情報通信システムに関するコンサルティングおよび設計、開発
  • 機器およびソフトウェアのライセンス販売、インストール、保守、運用 サポート

企業ウェブサイト

認定ソフトウェアの
お問い合わせ

株式会社ワイ・ディ・シー (関西支社)
SONAR事務局
06-4797-1611