Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

活用シーン詳細

mcframe PLM
活用シーン詳細
mcframe PLM Visual BOMの活用ケース「QCDの作り込みのフロントローディング実現」「戦略的標準化・モジュール化の推進」についてご紹介します。

QCDをつくりこむプラットフォーム

設計上流・企画段階からアフターサービスに至るまで、設計資産であるBOMを活用して、QCDの作りこみのフロントローディングを実現するために、mcframe PLM Visual BOMでは、BOM(品目)に超軽量化された3Dデータ(XVL)を紐付け管理できるようにしました。
誰でも何時でも簡単に製品構成と3次元形状を確認でき、より上流段階でのQCD作りこみを実現できるプラットフォームです。

QCDをつくりこむプラットフォーム

BOM(製品構成、品目)をビジュアライズ

  • BOMに含まれている原価や納期などの数値情報を3D形状に色付けを行なうことで様々な角度から製品評価を支援
  • 3Dビューワ上での計測や断面確認で図面表記されてない箇所の寸法確認も容易
  • 検索結果に自動で生成されたサムネイル画像を表示することで目的の部品を迅速に確認
BOM(製品構成、品目)をビジュアライズ

設計変更のビジュアライズ

  • BOMの変更差異に加えて3D形状差異も表示
  • 変更部品を正・逆展開により影響製品をビジュアルで確認
  • 変更前後の部品を重ね表示
  • 設計変更箇所をビジュアルで伝えることで後工程での作業(治具検討、金型手配等)をフロントローディング
設計変更のビジュアライズ

オーサリング(設計情報のエクスポート)

  • Visual BOMから必要な情報をExcelへエクスポートし、Visual BOMにアクセスしなくとも、作業指示書や設計変更通知書を参照可能
  • iPadへもエクスポートが可能なため、サービス現場や営業部門の支援ツールとしても活用が可能
オーサリング(設計情報のエクスポート)

戦略的標準化・モジュラー化の推進

産業機器メーカーは少量多品種生産かつ製品ライフサイクルが長いことが特徴です。グローバルな製品開発競争に勝ち抜くためには、部品やユニットの標準化・共通化を更に推進していき、TTM短縮・生産性の向上を図っていかなければなりません。
Visual BOMでは、標準化・共通化を検討するために必要な蓄積されたコスト、出荷数等の実績情報に加えて、形状情報を突き合わせて検討できるため、強力に標準化・共通化を推進します。

戦略的標準化、共通化推進プラットフォーム

  • 品目属性情報と3D形状を組合せた検索を実現
  • 外形形状に加えて、大きさ、形状特徴(穴、ボス、リブ等)を考慮した高精度な検索も可能
  • ベースモデルとの形状差異や変更履歴を確認し、適用可否判断を支援
戦略的標準化、共通化推進プラットフォーム

標準部品選定支援と共用部品への誘導

  • 複数の製品/ユニットで使われている構成部品を一覧表示し、標準部品選定を支援
  • 共用部品か新規部品かを色分け表示することで、設計者に共用部品の使用を促す(標準化誘導)
標準部品選定支援と共用部品への誘導

visual Configurator(モジュラーデザイン)

  • モジュール化されたユニット群を要求仕様に基づいてコンフィグレーション
  • モジュラー部品構成から原価(部材費、加工費)と納期(ST)を算出
  • 見積構成からXVL軽量ビューワモデルを自動生成
  • 見積構成を3Dデータ化することで顧客とのイメージ共有に活用
  • 受注構成からCADデータ/BOMデータを設計移管
visual Configurator(モジュラーデザイン)