Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

mcframe IoT シリーズ

mcframe IoT とは

現場における「勘」と「経験」は有効な資産ですが、暗黙知として埋没していることが多々あります。
mcframe IoT シリーズではこれらをデジタル化し、説明・表現・共有できる形式知に昇華させます。さらにこのデータをERP、PLMをはじめとした計画層の情報とあわせ管理することで、最適な判断と行動を助けます。

B-EN-GのものづくりIoTコンセプトはこちらをご覧ください。
B-EN-G ×IoT:B-EN-Gが考える「ものづくりIoT」

mcframe IoT とは

経験のデジタル化

“現場では熟練者のスキル・知識が共有・継承できていない”“実績入力の方法が担当者で異なる”など属人化が生産性を下げているケースがしばしばあります。
また機械の情報を定期取得することは、現場の健康状態を測るバロメータとなり、生産性を改善する有効な情報となるはずですが、恒常的に実施できている現場はまれです。mcframe IoT シリーズでは「機械」と「人」の経験をデータ化し、形式知として活用できる資産にします。

経験のデジタル化

勘のデジタル化

人の「勘」は成功・失敗経験の連続で研ぎ澄まされ、状況に応じた洞察を加えることで有効活用ができます。
しかし、人が把握できる情報量や洞察にかける時間には限界があり、常に正しい判断をすることは困難です。
mcframe IoT シリーズでは人と機械から取得されつづける情報にほかのさまざまなデータをあわせ整理・整形することで、デジタル化された「勘」として人の判断を助けるプラットフォームを提供します。これらは形式知として共有され、他者の知見を加えさまざまな状況で磨き続けられることでより強力な武器となります。

勘のデジタル化

mcframe IoT シリーズの製品群

mcframe IoT シリーズの製品群は「機械」「人」から現場情報を取得しデジタルデータ化するソリューション、取得されたデータを整理・整形するプラットフォームで構成されています。

mcframe IoT シリーズの製品群
B-EN-G 製造業向けIoTソリューション