Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

mcframe PLM Visual BOM

mcframe PLM
BOMが変える設計・生産管理ワンストップソリューション
mcframe PLM Visual BOMとしての基本要件をパッケージ機能として 提供するとともに、軽量3Dデータ(XLV)によって各種CADデータをBOMと融合し、設計試算の検索性を飛躍的に向上しています。品目属性情報だけでなく、形状の類似性を加味した検索や比較により、標準化・効率化を推進するとともに、より高度な原価企画を実現します。
製品企画・営業引合から調達・製造・サービスまで、エンジニアリングプロセス全般に渡る目的別BOMをサポートします。
機能範囲
BOM(製品構成、品目)をビジュアライズ

製品のPoint

コンセプト

直観的に高度なコミュニケーションが可能

構成や品目情報に図面・書類を関連付けて、設計から製造への手配情報を伝達する従来のBOM(Bill Of Material)に、3D CADデータを数百分の一にまで軽量化する、XVLテクノロジーを融合しました。
この先進的なエンジニアリング・プラットフォームmcframe PLM Visual BOMにより、特に設計とそれ以外の部門との間にある壁が取り払われ、高度なコミュニケーションが出来るようになり、QCDの効果的な作りこみの実現を支援します。

クロスプローブ(相互参照)

クロスプローブ(相互参照)

  • BOM、3次元のビューワを利用し、多角的に指定した商品の情報参照が可能

ビューワ上での色分け表示

ビューワ上での色分け表示

  • 高額部品、長納期部品をハイライト
  • 適性なコストや調達リードタイムを意識した製品の作りこみが可能

E-BOMからM-BOM展開

E-BOMからM-BOM展開

  • E-BOMからM-BOM を「手間なく」「漏れなく」スピーディに生成
  • 工程アニメーションにより、現場確認によるミスを軽減

設計変更差異のビジュアライズ

設計変更差異のビジュアライズ

  • ビジュアルでの確認より、変更通知書よりも正確な情報伝達が可能

メリット

設計の「さがす」「つくる」「評価する」を強力に支援

メカ・エレキ双方の各種CADデータをBOM(品目・構成)と融合することにより、設計資産の検索性を飛躍的に向上します。
例えば代替部品の検討において、コストや納期といった品目属性情報のみならず、形状の類似性まで加味した比較が行えることにより、より高度な原価企画を可能とします。

設計から他部門への「伝える」を高度化

世界一の3Dデータ軽量化技術であるラティス・テクノロジー社XVLを採用したことにより、部門や拠点を超えたCADデータ流通を実現します。
設計変更情報をビジュアル化することで、「何が変わったか」だけではなく、「どこがどう変わったのか」を正確に伝えることが可能になります。

設計から他部門への「伝える」を高度化

生産管理との連携で原価企画や調達性・製造性評価を高度化

生産・販売・原価管理システムとの標準インターフェースにより、設計開発から生産までのトータルリードタイムの短縮や効率化・標準化、原価低減・QCDの作り込みが可能になります。
生産実績や計画情報を設計仕掛のBOM(D-BOM)でも活用し、デザインレビュー等のタイミングで、調達性や製造性をシミュレートします。

生産管理との連携で原価企画や調達性・製造性評価を高度化

活用シーン

mcframe PLM Visual BOMの活用シーンをわかりやすく紹介します。

1. QCDをつくりこむプラットフォーム

各部門が日々の業務でQCDをつくりこむプラットフォームとして

詳細はこちら

2. 戦略的標準化・モジュラー化の推進

戦略的標準化・モジュラー化を推進するための道具として

詳細はこちら

コスト競争力強化のためのPLMを考える