Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

mcframe SIGNAL CHAIN

mcframe SIGNAL CHAIN
製造現場向け “簡単” IoT
mcframe SIGNAL CHAIN は、設備の生産性と信頼性を飛躍的に向上させる活動プロセスを支援するパッケージです。

製品のPoint

mcframe SIGNAL CHAINとは

mcframe SIGNAL CHAINは、設備の稼動データとヒトのナレッジをつなぐ「製造現場向け簡単IoTソリューション」です。
短期間、簡単に導入ができ、製造設備の生産性、信頼性向上により利益の創出に貢献します。

稼動モニタリング

AirGRID®から設備の稼働状況を自動的に取得し、記録・モニタリング・分析ができます。

※AirGRIDおよびエアグリッドは、株式会社パトライトの登録商標です。

稼動管理

設備メンテナンス

日常点検をはじめとする設備保全業務全般*1をサポートします。
トラブル対応履歴などのヒトのナレッジの蓄積・共有を業務に組み込むことで、設備保全業務の改善サイクルが自然に回り始めます。

*1:2月に日常点検機能を提供予定。その後、修理記録、定期点検機能などを順次提供予定。

保全管理

主な機能

稼働モニタリング

稼働モニタリング

設備の稼働状況をひとめで把握。
表示するグループは任意で設定可能。

稼働モニタリング

設備稼働分析

個々の設備の稼働状況を目次/週次/月次に切り替えて分析。

設備稼働分析

工場・製造部門評価

OEEや停止回数などの指標を工場/製造部門単位でわかりやすく表示。

工場・製造部門評価

設備メンテナンス(日常点検)

点検予定管理

カレンダー形式で予定を簡単に登録。
エクセルでも編集可能。

点検予定管理

点検実績管理

設備ごとに決められた点検項目に従って、点検実績をタブレットで簡単に入力。

点検実績管理

簡易分析

設備の点検で収集したデータの傾向を設備カルテやダッシュボードで分析。

簡易分析

導入効果

mcframe SIGNAL CHAINは、設備の生産性向上と信頼性向上に継続的に取り組み利益を創出するプロセスの確立を支援するためのIoT基盤を提供します。

導入効果

より高度な稼働モニタリングのために

補助信号との組み合わせで詳細な稼働状況を把握

  • 信号灯と、外部入力される補助信号を組み合わせて設備の稼働状況を細分化
  • 信号灯の点灯・点滅情報だけでは表現できない、より詳細なステータス管理を実現
補助信号との組み合わせで詳細な稼働状況を把握

AirGRID以外からの稼働状況も取得可能

  • AirGRIDの設置が難しい設備からは、制御機器からWeb APIで稼働状況を自動取り込み
  • 稼動データの取得が難しい設備からは、Excelで稼働状況を取り込み
AirGRID以外からの稼働状況も取得可能

生産管理との連携

  • 設備稼働計画と設備稼働実績の比較および分析
  • もの(ロット)と作業(機械稼働状況・人の動き)のトレーサビリティを実現
生産管理との連携

稼動情報と保全情報の統合

  • 設備から自動的に収集した稼動情報と、ヒトが収集した保全情報を集約
  • 稼動情報に関連付けて点検や修理記録、類似の対応記録をトレース
稼動情報と保全情報の統合

海外での活用

海外工場の稼働管理

  • 辞書機能による多言語対応
  • クラウド利用による運用負荷低減
海外工場の稼働管理
mcframe SIGNALCHAIN事例