Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

mcframe PLM EM-Bridge

EM-Bridge
設計と生産が連動すればものづくりは強いビジネスになる
mcframe PLM EM-Bridgeは、設計-生産連携の統合プラットフォームとして、E-BOM→M-BOM変換および設計変更連携を強力にサポートするだけでなく、製造工程プロセス(BOP)情報等の生産関連マスタを統合管理し、“つくり”を考慮した製品開発設計を促進します。
機能範囲
EM-Bridge

製品のPoint

コンセプト

設計領域と生産領域をシームレスにブリッジ

設計領域と生産領域をシームレスにブリッジする双方向の設計-生産連携統合プラットフォームです。
PLMと生産管理のデータ管理単位の相違を吸収し、生産管理システムで蓄積した情報のPLM利用を促進することにより、生産段階の設計問題を早期に発見して対応するフロントローディングを実現します。
また、製造工程情報(BOP:Bill of Process)等の生産系の統合マスタ管理を行います。

  • E-BOMを拠点別M-BOMに変換 (半自動生成)。製造工程・プロセス・手順情報(BOP)も同時作成。
  • 生産管理等の製造関連マスタデータ統合管理。拠点別工程情報管理・設計変更の連携管理を実現。
設計領域と生産領域をシームレスにブリッジ

E-BOM→M-BOM変換 設計変更トレースと反映

生産管理等の製造関連マスタデータを統合管理

E-BOMを拠点別M-BOMに変換を半自動で支援するとともに、製造工程情報(BOP:Bill of Process)を生成し、生産管理等の製造関連マスタデータを統合管理します。
「E-BOM」「M-BOM」「BOP」それぞれの関連情報を保持しているため、設計変更時には生産情報への影響度と範囲の特定が容易で、反映もスムーズに行うことができます。
また、構成の変更前後でBOP等の生産関連マスタデータを引き継ぐので、その更新メンテナンスも効率的に実施できます。

  • 設計変更時の生産情報の影響度・範囲を特定。設計変更に対する生産関連情報更新の効率化とスピードアップが可能。
  • 設計変更時のM-BOMとBOP情報の一括反映。E-BOMからのM-BOM変換トレース情報により、交換・削除については一括反映が可能。
  • 部品交換後の各種BOP情報の更新も、旧部品の情報を利用して効率的にメンテナンス。
E-BOM→M-BOM変換 設計変更トレースと反映

製造工程プロセス(BOP)の標準化・改善促進

拠点別のM-BOM、製造工程情報マスタの比較により改善点を発見

拠点別の工程情報マスタをもとに、拠点別M-BOMおよび製造工程情報(BOP:Bill of Process) を作成して管理します。
拠点別のM-BOMならびに拠点別工程情報マスタを比較して拠点別の差異を把握することで、拠点の特徴を把握した設計へのフィードバックや、拠点間比較によるよりよい方策や改善点の発見反映を行うことができます。

製造工程プロセス(BOP)の標準化・改善促進

“つくり”を考慮した設計促進

設計仕掛段階から製造工程情報を管理、共有

設計情報と紐ついたBOP情報を利用して、製造性・調達性の検証を可能にし、冶具工具の共通化や強い製造技術の再利用を促進します。
また、設計確定、M-BOM作成時に、検討で利用したBOP情報を引き継いで、効率的に生産関連マスタ情報を作成することができます。

“つくり”を考慮した設計促進

原価企画シミュレーション

実際原価情報の活用により精度の高い原価企画を実現

既存部品や流用部品は生産管理の実際原価情報を活用できます。
新規部品もmcframe PLM Visual BOMで類似部品を検索して見積りを行うなど、精度の高い原価企画を実現します。
また、販売計画を利用した損益シミュレーションにより、製品MIXの変化を考慮した損益・投資回収や廃番計画の検討を行うことができます。

原価企画シミュレーション
第4次産業革命の本質を踏み外すな、成果を得るにはまず設計と製造の壁を破れ