Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

MCFrame PLM
機能詳細
mcframe PLM Visual BOMの特長機能:BOMのビジュアライズ(CAD連携)、設計上流でのBOM活用(Design-BOM)、全部門での3Dデータ活用、BOMシステムとしての基本機能、高速レスポンス、設定ツール(オーガナイザー)についてご紹介します。

BOMのビジュアライズ(CAD連携)

BOM[部品表]と超軽量3Dの融合で誰もが使いやすい直感的な操作が可能。
ラティス・テクノロジー社が持つ世界最高水準の3Dデータ軽量化技術であるXVLをBOMシステムに統合し、BOMをビジュアライズ。
“誰でも”“いつでも”“どこからでも”直感的な操作で製品情報にアクセスできる、唯一無二のエンジニアリング・プラットフォームです。

  • XVL実装によるマルチCAD対応
  • CADデータをXVL経由で「構成情報」と「品目ごとの3Dモデル」に要素分解し、BOM情報としてインポート
  • 「BOM」と「3D(XVLビューワ)」の双方向のクロスプロービング/ハイライト表示
BOMのビジュアライズ

設計上流段階でのBOM活用(Design-BOM)

Design-BOMとは設計の最終段階で手配用に作成されてきたEngineering-BOMに対し、設計上流における試行錯誤の段階のBOMのことを指します。
CADからの構成取込み時に、新規部品には仮品番を自動採番して品目DBに登録することで、未採番部品混在状態の未確定な設計仕掛り構成情報も、形状情報が存在することにより視覚的に管理可能です。これにより、設計仕掛りフェーズにおける部品の共通化・標準化推進を支援し、設計上流段階からのBOM活用により、QCD早期作り込み(フロントローディング)を実現するとともに、設計仕掛構成を全部門で情報共有してコンカレントエンジニアリングを推進します。

設計上流段階でのBOM活用

全部門での3Dデータ活用

3D CADデータと比較し1/100程度のサイズに超軽量化されたXVLにより、設計部門だけではなく関連する全部門間でもBOMを共有し活用することが可能です。

全部門での3Dデータ活用

BOMシステムとしての基本機能

BOMシステムとしての基本要件をパッケージ機能として実装したシステム。Visual BOMのベースとなっており、将来的にアップグレードも可能。
製品企画・営業引合の段階から調達・製造・サービスまでエンジニアリングプロセス全般に渡る目的別BOMをサポート。

BOMシステムとしての基本機能

高速レスポンス

「探す」「伝える」をより有効に活用いただくために、業界最速レベルの高速なレスポンスを実現しています。
末端部品からの逆展開表示もストレスなく実行可能です。

高速レスポンス

設定ツール(オーガナイザー)

Webブラウザで動作する管理者向けの専用設定ツールです。
品目詳細/製品構成編集等の各画面における表示や振る舞いをわかりやすく定義できます。
お客様の状況に合わせた柔軟な設定変更が可能になります。

設定ツール(オーガナイザー)