Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

IoTプラットフォーム機能

MCFrame IoT SIGNAL CHAIN
IoTプラットフォーム機能
mcframe SIGNAL CHAIN IoTプラットフォーム機能は、
生産・製造に関わるあらゆるデータを「収集」「一元管理」「可視化」します。

IoTプラットフォーム機能とは

mcframe SIGNALCHAINのIoTプラットフォーム機能は製造現場のデータを「収集」「保存」「提供」「可視化」する製造現場向けのプラットフォーム機能を担います。

IoTプラットフォーム機能とは

構成

IoTプラットフォーム機能は「Edge」「Data Store」「Quick Viewer」の各ツールにより構成されます。
生産・製造に関わるあらゆるデータを統一された形式で一元管理し、ユースケースに応じてデータの提供から可視化までを行います。

構成

Edgeの特長

「Edge」は工場の生産・製造に関わるさまざまなタイプのデータを取り込むことができます。
取り込んだデータは統一の形式に整形し、必要なシステムへデータ提供できるため、データをさまざまな用途で利活用できます。

Edgeの特長

Data Storeの特長

「Data Store」は「Edge」で取り込んだセンサーデータや製造実績など、性質や形式の異なるデータを事前設定なしにデータベースに保存することができます。

Data Storeの特長

Quick Viewerの特長

「Quick Viewer」は複数の「ヒト」「モノ」「設備」のデータを時系列に並べて可視化することで、お客様の分析、解析作業を支援します。
簡単な操作でグラフ作成ができるので複雑な事前設定は必要ありません。

活用シーン

センサーから異変をいち早く察知

センサーから異変をいち早く察知

PLCデータを取得し稼働モニタリングで管理

mcframe SIGNAL CHAIN OM 稼働モニタリングとAPI連携し詳細な稼働状況を分析します。

  • 信号灯からは取得できない設備の稼働状況も可視化
  • 稼働状況とそのときの「ヒト」「モノ」の状況の関連を管理
PLCデータを取得し稼働モニタリングで管理