Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

mcframe PLMトレーニングコース

mcframe PLMへの理解を深めていただける各種トレーニングメニューをご用意しています。

コース一覧

構築コース 設計・開発コース
mcframe PLM基礎知識コース 1日 Software Development Kit Standard開発コース 1日
管理者用ツール(Organizer)基礎知識コース 1日 構成アイテム(品目・図面)開発コース 1日
環境構築コース 1日 E-BOM開発コース 1日
データ構築コース 1日 ワークフロー開発コース 1日

mcframe7 設計製造連携基礎コース(mcframe PLM EM-Bridge & mcframe 7 PLM Link 連携)についてはこちら

受講順序

こちらの順序での受講を推奨しております。

コース内容

推奨受講コースをご覧いただけます。受講判断の目安としてご利用ください。

構築コース

  • コース名
  • ID
  • 対象
  • 形式
  • 開催日数
  • 受講料
  • 受講条件
  •  
PLM
mcframe PLM基礎知識コース
ID ITP-1 対象 構築者
形式 講義 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 なし

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム構築に携わる方
受講条件 なし
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMシステムを構築するための基礎知識として、mcframe PLM Visual BOMシステムの主要データモデルやシステムポリシー、使い方について学習します。
・mcframe PLM Visual BOMシステムのモデル構造やシステムポリシー、操作方法を習得し、mcframe PLM Visual BOMシステムとして構築ができる内容を理解することを目的とします。

詳細

mcframe PLM Visual BOMについての学習

【 mcframe PLM Visual BOMの主要データモデル 】
mcframe PLM Visual BOMの構成要素(データモデル)について学びます。また、データモデル、リレーションモデル、属性モデルの概念について学習します。
【 システムポリシー 】
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上で必要となるシステム的なポリシーを学習します。

mcframe PLM Visual BOMの操作
mcframe PLM Visual BOMの画面にて、新規設計から製造展開までの操作の流れを学習します。

PLM
管理者用ツール(Organizer)基礎知識コース
ID ITP-2 対象 構築者
形式 講義 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 ITP-1

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム構築に携わる方
受講条件 構築コースのトレーニング「mcframe PLM基礎知識コース」を受講済みの方。
または、基礎知識コースについての知識を習得している方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上でのデータモデル定義の方法や、mcframe PLM Visual BOM各画面の表示属性の制御方法などを学習します。
・mcframe PLM Visual BOMシステムの定義情報の登録方法を習得し、mcframe PLM Visual BOMシステムを構築できるようになることを目的とします。

詳細

システムデータ定義の検討
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築するためのシステムデータ定義を検討するための方法を学習します。

データモデル定義構築
システムデータ定義で検討した内容をmcframe PLM Visual BOMシステムへ流し込む方法を学習します。

orgnizer定義構築

【 コントロールセット定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのコントロールセット定義の手順について学習します。
【 メニュー定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのメニュー定義の手順について学習します。
【 ビュー定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのビュー定義の手順について学習します。
【 リンク定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのリンク定義の手順について学習します。

システム管理者定義構築

【 ワークフロー定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのワークフロー定義の手順について学習します。
【 ユーザ/グループ定義 】
mcframe PLM Visual BOMシステムのユーザ/グループ定義の手順について学習します。
PLM
環境構築コース
ID ITP-3 対象 構築者
形式 講義 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 ITP-1

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム構築に携わる方
受講条件 構築コースのトレーニング「mcframe PLM 基礎知識コース」を受講済みの方。
または、基礎知識コースについての知識を習得している方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上で必要となるハードウェア、ミドルウェアの必須要件やミドルウェア、mcframe PLM Visual BOMエンジンのインストール方法について学習します。
・mcframe PLM Visual BOMシステムの環境構築の方法を習得し、mcframe PLM Visual BOMシステムを構築するための環境を作成できるようになることを目的とします。

詳細

H/W構築要件
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上で必要となるサーバやクライアントのハードウェア要件を学びます。

M/W構築

【 mcframe PLM Visual BOM M/W、ソフトウェア要件 】
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上で必要となるサーバやクライアントのミドルウェア要件を学びます。
【 OracleDB構築 】
mcframe PLM Visual BOMシステムとして必要となるOracleデータベースのインストール手順について学びます。
【 WebLogic構築 】
mcframe PLM Visual BOMシステムとして必要となるWebLogicおよびJDKのインストール手順について学びます。

mcframe PLM Visual BOMエンジン構築

【 mcframe PLM Visual BOMエンジン(volante)構築 】
mcframe PLM Visual BOMのエンジンを構築する手順について学びます。
【 mcframe PLM Visual BOMエンジン(volante)のバージョンアップ 】
mcframe PLM Visual BOMのエンジンをバージョンアップする手順について学びます。
PLM
データ構築コース
ID ITP-4 対象 構築者
形式 講義 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 ITP-1
ITP-3

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム構築に携わる方
受講条件
  • ・構築コースのトレーニング「mcframe PLM基礎知識コース」「環境構築コース」を受講済みの方。
  • ・または基礎知識コース、環境構築コースについての知識を習得している方。
  • ・oracleデータベースにてデータメンテナンスの経験がある方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMシステムを構築する上で必要となるお客様運用データを構築する手順を学習します。
・mcframe PLM Visual BOMシステムのデータを構築する方法を習得し、mcframe PLM Visual BOMシステムの運用を開始するためのデータを登録できるようになることを目的とします。

詳細

データ構築の流れ
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築するためのデータ構築の流れを学びます。

データ構築のルール
mcframe PLM Visual BOMシステムを構築するためのデータの構築のルールを学びます。

データ構築

【 標準機能でのデータ入出力 】
mcframe PLM Visual BOM標準機能を使用したデータの入出力方法を学びます。
【 データ構築スクリプト 】
データ構築スクリプトを使用したデータの構築手順について学びます。

設計・開発コース

  • コース名
  • ID
  • 対象
  • 形式
  • 開催日数
  • 受講料
  • 受講条件
  •  
PLM
Software Development Kit Standard開発コース
ID DEV-1 対象 開発者
形式 実習 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 なし

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム開発に携わる方
受講条件 eclipseを用いてJavaのプログラミング開発の経験がある方
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMに関する基礎知識と、基本的なAPIの利用方法について学習します。
・mcframe PLM Visual BOMのカスタム開発で必要となる基礎知識を習得し、簡単なカスタム開発ができることを目的とします。

詳細

基礎知識

【 システム構成 】
システム構成/HW構成
【 データ構造や種類 】
データ構造(モデル)の種類/主な役割/DBのテーブルの関係
【 データ定義指針 】
データ構造別に推奨されるモデルの定義方法

実装の手引き

【 データアクセスAPI 】
データを取得、編集するデータアクセスAPIの利用方法
【 コマンドAPI 】
コマンドAPIの利用方法/カスタム処理の組み込み方法
【 開発環境 】
カスタム開発に必要な開発環境
PLM
構成アイテム(品目・図面)開発コース
ID DEV-2 対象 開発者
形式 実習 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 DEV-1

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム開発に携わる方
受講条件 設計・開発コースのトレーニング「Software Development Kit Standard開発コース」を受講済みの方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMのマスタデータとなる構成アイテム(品目や図面)のデータ構造や、データ取得や編集、版管理などのAPIの利用方法について学習します。
・構成アイテムの基礎知識を習得し、構成アイテムを扱うカスタム開発ができるようになることを目的とします。

詳細

基礎知識

【 データ構造や種類 】
構成アイテムの種類や版管理、ステータスなどのデータ構造について学習します。
【 関連機能 】
アクセス権やリンクデータといった、構成アイテムに関連する機能について学習します。

実装の手引き

【 構成アイテムの取得方法 】
構成アイテムの取得方法、およびパフォーマンスに関する注意点について、サンプルコードを参照しながら学習します。
【 構成アイテムの編集方法 】
構成アイテムの作成や編集、削除といった基本的な編集方法やバージョンアップなどの方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。
【 関連機能の実装手引き 】
アクセス権の設定方法やリンクデータの参照・編集方法など構成アイテムに関連する機能の実装方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。
PLM
E-BOM開発コース
ID DEV-3 対象 開発者
形式 実習 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 DEV-1

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム開発に携わる方
受講条件 設計・開発コースのトレーニング「Software Development Kit Standard開発コース」を受講済みの方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMで管理するE-BOMのデータ構造や条件を指定した展開や編集などのAPIの利用方法について学習します。
・BOMデータの基礎知識を習得し、BOMデータを扱うカスタム開発ができるようになることを目的とします。

詳細

基礎知識

【 データ構造や種類 】
BOMの種類や構成行の版管理、代替行や集約行といったBOMデータの基礎知識について学習します。
【 BOMの見せ方 】
構成行の集約表示や集計結果の表示といったBOMデータの見せ方や設定方法について学習します。

実装の手引き

【 BOMの展開方法 】
展開条件やBOMキーを指定した展開方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。
【 BOMの編集方法 】
構成行の追加や削除といった基本的な編集方法やBOM固有の保存方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。
PLM
ワークフロー開発コース
ID DEV-4 対象 開発者
形式 実習 開催日数 1日
受講料 ¥60,000 受講条件 DEV-1

詳細を見る

コースの期間 1日間
受講時間 10:00-18:00
料金 ¥60,000
対象者 システム開発に携わる方
受講条件 設計・開発コースのトレーニング「Software Development Kit Standard開発コース」を受講済みの方。
持ち物 筆記用具
※PCは必要ありません。

内容

概要・ねらい

・mcframe PLM Visual BOMで管理するワークフローのデータ構造や承認や差し戻しなどのワークフロー回覧へのカスタム処理の追加やAPIの利用方法について学習します。
・ワークフローの基礎知識を習得し、ワークフローを扱うカスタム開発ができるようになることを目的とします。

詳細

基礎知識

【 データ構造や種類 】
ステップや担当者などワークフローに関係するデータの種類や各データのつながりといった、ワークフローデータの基礎知識について学習します。
【 ワークフローでできること 】
承認や差し戻しなど、ワークフローの中でできる操作の内容について学習します。
【 データの状態遷移 】
ワークフローやワークフローに関連づいたデータが、承認や差し戻しなどのステップ移動によって遷移される内容について学習します。

実装の手引き

【 ワークフローの取得や作成 】
ワークフローデータの取得方法や作成方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。
【 承認関連コマンド 】
承認や差し戻しといった承認関連のコマンドについて、実行方法やコマンドのプリ処理、ポスト処理へのカスタム処理追加方法について、サンプルコードを参照しながら学習します。

お申し込みについて

受講要領

受講対象

  • エンドユーザ様
  • ビジネスパートナー様
  • エンジニアリングパートナー様

開催条件

mcframe PLMトレーニングコースの開催条件は受講者2名以上です。
2名未満での開催を希望される場合、トレーニング料は割増料金が適用されます。

※最低2名分の料金が必要となります。

開催費用

トレーニング料金は定期コースの料金に準じます。

※開催場所は株式会社図研 センター南ビル(神奈川県横浜市都筑区)のみとなります。

キャンセルについて

一旦申し込まれたトレーニング・試験をキャンセルされる場合は次の規定に従いキャンセル料を請求させていただきます。

  • A:コース開催日の前日から起算してさかのぼって7日目に当たる日以降に取り消しをする場合(Bに掲げる場合を除く。)‥‥トレーニング料の20%
  • B:コース開催日の前日または当日にキャンセルまたは連絡なしに不参加の場合 ‥‥トレーニング料の50%

お申し込み方法

1.ご相談

ご希望コースや日程について、弊社もしくはパートナーの担当営業にご相談ください。
または「mcframeトレーニング受付」までご相談ください。

2.日程調整

ご要望に基づき、開催候補日のご提示と費用計算書を発行します。

3.お申し込み

日程、費用、コース内容詳細をご確認いただき、お申込書に捺印の上、PDFを「mcframeトレーニング受付」宛へのメールもしくはFAXでご提出ください。

※この時点でお申し込みが確定します。

FAX送信先
ビジネスエンジニアリング
TEL 03-3510-1616

開催場所

mcframe PLMトレーニングは株式会社図研プリサイトより提供され、開催会場は株式会社図研 センター南ビル(神奈川県横浜市都筑区)になります。

会場(株式会社図研プリサイト)

224-0032
横浜市都筑区茅ヶ崎中央32-11
図研センター南ビル5F