Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

サンコール株式会社

導入事例 | サンコール株式会社 | mcframe

導入事例 | サンコール株式会社 | mcframe

1品ごと、工程ごとの正確な原価把握が可能に
見積もり作成などにも応用し競争力の向上へ

  • 原価の見える化
  • 原価計算の属人性の解消
  • 見積もりの精度向上や工程の改善

導入製品

事例ダイジェスト

1943年、京都の嵐山の麓で創業以来、「Function & Precision(製品の機能を追求し、超精密製品への挑戦)」を基本理念に事業を展開してきたサンコール。生産管理システムの刷新を機に、原価管理システムの導入を決定。東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)の製造業向けパッケージ「mcframe」を採用することで、1品ごとの原価や工程別の製造原価を正確に把握できるようになり、在庫の概念を確立した。今後は全社展開から海外展開までを検討している。

導入前の課題
  • 1品ごとの原価や工程ごとの原価が正確に把握できない
  • 正確な原価計算ができないので見積もりや工程の改善に生かせない
  • どこの材料を使い、どの拠点で生産すれば効率的か把握できない
導入後の効果
  • 当月の売上に対する発生費用や原価が見える化できた
  • 原価計算の熟練度や能力などの属人性が解消された
導入のポイント

弁ばねの生産では精線部で伸線された線材を用いる。線材の原価がばね部門の原価計算で利用されるため、精線部の原価の誤差が大きいとばね部門の原価にも影響してしまう。そこで今回、mcframeを導入したことでこの課題を解消した。現在、ばね部門にもmcframeを導入しており、原価計算のさらなる精度向上が期待できる。

導入パートナー
コベルコシステム株式会社

導入事例インタビュー

原価計算の精度と速度向上を実現 従来の課題であった計算作業の属人性も解消


どこの部品を使い、どこで作れば儲かるのかを正確に把握できなかった
サンコール株式会社 業務・管理部門 執行役員 部門長 杉村 和俊 氏
サンコール株式会社
業務・管理部門 執行役員 部門長
杉村 和俊 氏

1943年の創業以来、「技翔創変」という経営理念に基づき、技術を飛翔させ、自ら変化を作りだしていくことを目指すサンコール株式会社(以下、サンコール)。「安全」「環境」「医療」の3つの分野に注力しており、安全と環境では自動車用部品、医療では医療介護用ロボットの開発に取り組んでいる。

最大の特長は、「材料から精密加工品までの一貫生産」という世界でも類を見ないビジネスモデルを展開していることだ。中核技術である精密塑性加工をベースに、自動車関連部品から電子・情報機器部品、光通信機器部品までの分野へと領域を着実に拡大。現在、国内3カ所、海外11カ所に製造拠点を置き、グローバルに事業を展開している。

主力製品である「弁ばね」は、精線部が作った材料を、ばね部門が社内振替で受け入れ、製造する。このとき、それぞれの部門では原価を把握できているが、会社全体としての原価を把握することが困難だった。そこで、まずは、ばねの材料となる精線部の原価を把握することが必要だった。サンコールの業務・管理部門 執行役員 部門長の杉村和俊氏は、次のように語る。

「例えば、豊田工場で生産した弁ばねの原価と、メキシコの材料を使って米国で生産した弁ばねの原価、さらに中国で作った材料を使ってタイで作った弁ばねの原価を把握できれば、同じ製品でも原価がどれだけ違うのか、どこで作れば最も効率的なのかを把握することができます」

さらに杉村氏は、「月末に当月の原価が把握できなかったので、原価で見積もりの精度を向上したり、工程の改善に生かしたりすることができませんでした。つまり、これまでの原価計算は会社の競争力を高めるツールにはなっていませんでした。そこでmcframe原価管理を導入し、将来的には全社・海外拠点に展開することで、さらなる競争力の向上を考えています」と話している。

約1年の勉強会で原価管理を検討 デファクトスタンダードであるmcframeを採用
(左)サンコール株式会社 業務・管理部門 情報企画課 課長 飛田 朋宏 氏 (右)サンコール株式会社 業務・管理部門 経営企画支援課 船岡 幹大 氏
(左)サンコール株式会社
業務・管理部門 情報企画課 課長
飛田 朋宏 氏
(右)サンコール株式会社
業務・管理部門 経営企画支援課
船岡 幹大 氏

サンコールでは、2013年よりコベルコシステムとともに生産管理システムの構想を立案する。そして2014年~2015年にかけてシステムを構築、10月に本番稼働した。同時に2015年に原価管理システムの導入に向けた勉強会を開催。2016年にまずはスモールスタートで精線部にmcframe原価管理の導入を開始し、同年4月に本番稼働している。コベルコシステムのサポートについて、業務・管理部門 情報企画課 課長の飛田朋宏氏は「長年に渡りシステムをサポートしてもらっているので、システムはもちろん、業務内容まで理解しており、要件定義から構築まで満足いく支援を得られました」と語っている。

mcframeを導入した目的は、活動基準原価計算で原価計算をすることである。杉村氏は、「コストを生産個数で割り算する方法では、適正な原価は計算できないだろうと思っていました。そこで、原価管理システムを導入する1年前から大学教授にも参加してもらい、勉強会を開催しました」と当時を振り返る。

勉強会では、まずはExcelを使って原価を計算し、そのやり方を全社展開するためには、どのようなパッケージを選定するのが最適なのかを検討。いくつかのパッケージを比較検討した結果、mcframeを採用することを決定した。飛田氏は、「原価計算をするにあたり、生産管理システムの再構築からスタートしたので、原価計算用のデータを作っておこうということになりました。そのとき原価積み上げ方式で原価計算をするのであれば、デファクトスタンダードであるmcframeの導入が最適であるとわかっていました」と話す。

迅速かつ的確な意思決定支援や制度会計への活用も進めていく

mcframeを採用した効果を、業務・管理部門 経営企画支援課の船岡幹大氏は、「現場では、1品ごとの原価や工程ごとの原価が正確に把握できないという課題がありました。mcframeの導入により、当月の売上に対する発生費用や原価が見える化でき、担当者の熟練度や能力などへの依存も解消されました。今後は、算出された原価が工程の原価計算や見積もり作成のベースになっていくことでより一層の効果が期待できます」と話す。

また杉村氏は、「mcframeの導入で、在庫の概念が確立できたことも効果の1つです。これまで、管理会計上、在庫の概念を持っていませんでした。今後は、材料、仕掛、製品、それぞれの在庫金額を算出し、部門ごとの貸借対照表(BS)を作成する計画です。算出された在庫金額を制度会計で利用することも検討しています」と言う。

サンコールでは、mcframeの導入によってこれまでと違う結果が出たときに、その結果を現場が受け入れられるかを危惧したが、これまでの原価計算の精度がそれほど悪くなかったことがわかり、現場の担当者に受け入れられたことも成功のポイントであったという。

最後に杉村氏は、「経営層が迅速かつ的確な意思決定ができる支援が今後のIT投資の究極の目的です。mcframeの導入はそのための一歩となりました。さらなるサポートをコベルコシステムやB-EN-Gには期待しています」と話している。

 

企業紹介

導入企業概要

連結売上の約70%が自動車関連で、残り30%が電気・電子関連。主力製品は、自動車のエンジンに使われる「弁ばね」で、神戸製鋼から鋼材を調達し、自動車エンジンの中に使われる仕様に2次加工して、その材料を使ってばねまで製造する。
最近は、将来のEV化に向けた関連製品の研究開発も推進。そのほか、2018年には認可を取得し、医療介護用ロボットを市場に展開していく計画である。

商号 サンコール株式会社
設立 1943年6月
資本金 48億800万円
従業員数 556名(グループ連結:2,385名)
事業内容 自動車関連部品・材料、ハードディスク用部品、プリンター用部品、通信関連部品などの製造・販売

企業ウェブサイト

※本事例は2017年11月現在の内容です。
※本事例中に記載の肩書きや数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、変更されている可能性があります。
※掲載企業様への直接のご連絡はご容赦ください。