Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

MCFrame 経営管理

MCFrame 経営管理

サプライチェーンのグローバル化により、生産拠点をまたがる製造原価、市場により異なる販売単価、
物流コストの増大、為替レートの影響など、従来の法人単位の管理では意思決定が困難な環境になっています。
MCFrame 経営管理では、連結原価計算エンジンにより連結ベースの製品別原価内訳・損益を明らかにします。
グループ全体の俯瞰的管理をサポートし、グローバル時代で打ち勝つために不可欠な「スピード経営の推進」を実現します。

グループ利益の最大化を実現する連結原価・損益管理基盤

経営管理では、各拠点ごとの個別最適ではなく、グループ連結による真の実力原価を把握できます。
グループ全体をひとつの会社と見立てて、内部利益を控除した連結原価計算を実現します。
拠点別の売上比較やグローバルサプライチェーンでの製造原価分析、製品ライフサイクル評価が可能です。

グループ利益の最大化を実現する連結原価・損益管理基盤

製品のPoint

連結原価計算

連結原価計算による製品別原価内訳・連結損益の可視化

連結原価計算により、拠点や法人の枠を超えて、正味の製品別原価内訳を把握・分析できます。
費目別のころがし計算により、固定費・変動費を分解し、グローバルでのCVP分析が可能です。
取引通貨別に原価計算を行い、為替レートの影響を可視化します。

製品別原価の把握・分析

環境変化に強いつくり

既存システムやサプライチェーンの変化に強いシステム構造

経営管理では、外部データとの標準I/Fを装備しています。そのため、拠点ごとにシステムが異なるケースや拠点の追加・統廃合があっても、ビジネス環境の変化に柔軟に追従できます。
また、グローバルで品目コードが統一されていないケースを想定し、品目コードや取引先コードの変換(名寄せ)やグループ内外を識別して内部利益を控除など、グローバル連結原価を算出するための基本機能をご用意しています。