Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

ニュース

  • お知らせ

【製品情報】mcframe GA v13.1 リリースのお知らせ

ここに会社名が入ります
東洋ビジネスエンジニアリング株式会社

mcframe GA v13.1リリース新機能紹介

mcframe GAではお客様の要望をもとに、従来ではカスタマイズを行って対応していた機能を標準機能として新たに追加し、グローバル制度に対応できる機能を追加しました。主な機能としては以下の通りです。
今後も各方面からの要望を取り入れ機能強化をしてまいります。

●本社要件強化として、販売系ダッシュボードを追加
●海外現地要件強化として、アジア、EU向け制度対応
●販売予算管理機能強化
●入力自動化の一環として、AI-OCR機能追加

ダッシュボード 売上/費用/粗利/受注分析・推移

ダッシュボードに取引先別分析と推移表が追加されました。
海外拠点の売上状況を取引先別に把握できるようになりました。

1 Dashboard

販売予算管理

従来、個別カスタマイズで対応いただいておりました、受注・売上の金額/数量/粗利予算の管理を標準機能で
ご提供できるようになりました。
受注や売上推移表にて予算と実績値を比較し、年度予算達成のために先手が打てるようになります。2 Sales management

ローカライズ 中国

① 伝票番号の漢字入力
中国では伝票番号を漢字で入力する習慣があります。中国拠点からの要望に応え、伝票の接頭文字に漢字の設定ができるようになりました。3 China 1

② 伝票番号の連番制御
中国では伝票番号の連番性が業務システムに求められます。伝票削除による、伝票番号の欠番が起こらない仕組みを開発しました。4 China 2

ローカライズ フィリピン

フィリピンの制度変更により、業務帳票に出力者情報が必須となりました。5 Philippines 1

ローカライズ フィリピン、マレーシアなど

これまで伝票計上時にWHT(源泉徴収税)を手動で計上していましたが、現地からの要望に応え、WHTの自動生成ができるようになりました。

6 Philippines 2

リバースチャージ制度

リバースチャージ方式に対応しました。
※資産の販売者や役務の提供者のVATの納税債務が、顧客に転嫁され納税義務者となる制度。

7 Reverse charge
例)州税、国税、リバースチャージといった複数税率の計算も可能です。

8 Reverse charge 2


AI-OCR

アップロードした領収書の画像データを読み取り、伝票の自動入力が可能になりました。
蓄積された過去データをもとに科目の自動提案が可能です。9 AI-OCR

mcframe GA詳細はこちら

お問合せ先

ビジネスエンジニアリング株式会社
プロダクト事業本部 営業本部
Tel:03-3510-1596
Mail:sales-asia@b-en-g.co.jp