Chinese | English

03-3510-1616 受付時間 9:00〜17:00(土日除く)

お問い合わせ 資料請求

 

ニュース

  • プレスリリース

B-EN-G、「人の動き」のデジタル化によって作業者の能力向上サイクルを実現 mcframe MOTION製品体系刷新、および機能強化を発表

ビジネスエンジニアリング株式会社

ビジネスエンジニアリング株式会社(東京都千代田区、取締役社長:羽田 雅一、以下「B-EN-G」)は、「人の動き」をデジタル化する「mcframe MOTION」について、新たなコンセプトに基づき製品体系の刷新および機能強化を行いました。新機能を追加した製品の提供は2021年10月1日より開始いたします。

mcframe MOTIONの開発背景

人口減少・少子高齢化の進展は、生産現場における労働力不足の問題を招いており、作業効率化のためのカイゼン活動、人材教育の継続的実施および効率化などの対策が不可欠となっています。
これらの課題を解決すべく、以下を目的に製品開発を進めてきました。

  • 人の動きをデジタル化することによる定量的な作業評価によって改善ポイント発見の糸口を提供する。
  • 熟練者の知識とノウハウを基に教育教材を簡単に作成できるようにし、現場作業者の能力と労働生産性を効果的に向上させるための標準化された作業教育を、時間と場所を選ばず実施可能にする。

新しいmcframe MOTIONのコンセプトと製品体系

新しい「mcframe MOTION」のコンセプトは、作業者の「能力向上サイクルの実現」です。
この向上サイクルを効果的に回すため、製品体系を刷新し、以下の2製品構成としました。また、ユーザー企業様からのご要望を取り入れ、新機能を追加しました。

  • VR-learning   仮想現実(VR)テクノロジーを用いた学習システム
  • Human-tracking 位置情報や画像を用いた人の作業計測・分析システム
    能力向上サイクル

mcframeにおけるmcframe MOTIONの位置づけ

「ものづくり」に係るあらゆる業務/情報を管理する製造業のためのデジタルプラットフォームであるmcframeにおいて、mcframe MOTIONは、「人の動き」に関連する情報の活用を担うソリューションです。

mcframe MOTION VR-learning

作業現場さながらの臨場感ある現場教育が手軽にできるVRトレーニング・システムです。
作業技能の習得や安全意識の向上などの現場教育を、現場に行くことなく自由な場所とタイミングでインタラクティブに自習できます。また、教材が内製できるので、新たなトレーニング項目が必要となっても迅速に対応でき、能動的な体験学習が可能です。また、定量的評価による学習効果の向上も期待できます。

■追加された主な新機能
以前のVR教材では受講者それぞれにヘッドマウントディスプレイ(HMD)が必要でしたが、今回、ブラウザへのVR教材配信機能が追加され、同時に多数のユーザーが学習できるようなりました。
mcframe MOTION VR-learningの詳細はこちらをご覧ください。

mcframe MOTION Human-tracking

カメラから取得される位置情報や画像を用いて、手間暇かけずに人の作業や姿勢を計測し、効率化や生産性向上を支援する分析システムです。作業の割合、ばらつき、異常などから改善ポイントを発見できます。

■追加された主な新機能
AIを用いた画像認識技術を取り入れ、作業者の識別や動作の追跡などの基本機能の精度を向上させた結果、従来よりも分析作業が簡単になりました。
mcframe MOTION Human-trackingの詳細はこちらをご覧ください。

VR-learningは2017年7月、Human-tracking(以前はmcframe MOTION)は2015年12月より販売を開始しました。これまでの販売実績は、VR-learning、Human-trackingとも約30社、合計60社あり、これらには日本国内だけでなく海外における実績も含まれます。(2021年8月時点)
B-EN-Gはグローバルにmcframe MOTION事業を拡大し、今後3年間で両製品併せて100社への新規導入を目指します。

ビジネスエンジニアリング株式会社について

ビジネスエンジニアリングは、IT企画、BPR実施のビジネスコンサルティング、IT導入コンサルティングからシステム構築サービス、運用サービスにわたり、ERPを中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業です。またERPをベースとしたSCM導入やデジタル変革支援ならびにタイや中国をはじめとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねています。
ビジネスエンジニアリングは、中国・上海、タイ・バンコク、シンガポール、インドネシア・ジャカルタ、アメリカ・シカゴの5ヶ所に海外現地法人を有しています。
ビジネスエンジニアリングの詳細はこちらをご覧ください。

*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

当報道に関しての
お問い合わせ窓口

ビジネスエンジニアリング株式会社
経営統括本部 広報 猪野
電話:03-3510-1615
E-mail:kouhou@b-en-g.co.jp

当サービスに関しての
お問い合わせ窓口


ビジネスエンジニアリング株式会社
マーケティング企画本部
電話:03-3510-7351
E-mail:mcframe-motion@b-en-g.co.jp